カテゴリー
Mac

Timemachineのローカルバックアップ(スナップショット)は要らない

Macを仕事で使っている人にとっては、転ばぬ先のTimeMachineです。
常に動かしておきたいところですが、あくまでも物理的に別メディアや別の場所に置いてあるHDDであるからこそ、バックアップの意味があります。

しかし、10.7以降のMacOSはデフォルトで起動ボリューム自体にバックアップ領域を作って、差分を保管しています。

使い方として、上書きしてしまったちょっと前のファイルを復元! には適しているのですが、MacBook系など、ストレージが大きくない場合はわりと迷惑です。


だいたい、SSDでもHDDでも物理的に壊れたり、読み出しできなくなるときに出番がくるので、そもそも同じボリュームにバックアップしてもあまり意味はなし

というわけで、この機能をOFFにします。

Terminalから打った方が早いですが、マカーとしてはGUIでどうにかしたいところ
ってことでいつものOnyxです。

起動したら、
各種設定 >その他 >Time Machineローカルバックアップ >停止
(日本語表示の場合)
これでOK

使い方を間違うと、いろいろできるのでご注意を。