カテゴリー
Mac Software

Photoshopの段落パネルで禁則が選べない場合は言語オプションを確認する

日本語では行頭に句読点や 閉じカッコがくるとおかしいので、行末にぶら下げたり、次の行に最後の一文字を追い出したりします
これを禁則処理といいます

Photoshopで文字を入力する際にも、この禁則処理を自動的に行ってくれます
もし、段落パネルで、禁則オプションが選べない場合は



書式メニュー > 言語オプション > 東アジア言語オプション が選ばれているかどうかを確認しましょう
初期設定や他の言語設定になっていると、正しく日本語の処理ができません。

また、もしこのメニューにある「東アジア言語」が選択できない場合は

環境設定 > テキスト > テキストエンジンオプションを選択 から 東アジアを選択しましょう


中東言語と南アジア言語 が選ばれていると、どう使ってよいか解らないオプションが出てきますw