カテゴリー
Software WebServices

GoogleChromeで有効期間の長いSSL証明書がエラー扱いになる

これかなり面倒です、、

「有効期間が39ヶ月以上あるSSL証明書は、ver 42以上のChromeではエラー表示になる」

結論からいうとChromeの独自仕様です

IE,Safariなどではエラー表示なりません
もちろん、SSL暗号化としてのご利益は変わりませんので、ほっておいて問題ないのですが、なにせこういう表示になるので、気になる人は更新しましょう

対処方法は簡単で、短い有効期限の証明書をインストールすればOKです。