Crucial製SSD(m4)のフリーズ問題とMacでの対応方法


Crucial 2.5インチ 内蔵型 SATA3.0対応 M4 SSDシリーズ 256GB CT256M4SSD2

2012年のはじめに買ったMacBookにSSD Crucial のCT256M4SSD2を入れていたのですが、なんと当時のこれは5000時間しか使えないバグありのファームウェアでした。


詳細はここに書いてあります。
http://www.cfd.co.jp/news/release/release20120120.html

ちょうど、先日 問題の5000時間を超えたらしく
てっきり故障したものだと思い込んでいたら、上記リンクにあたりました
知らないって怖いですな

症状はだいたい1時間たつと、固まります。
Macの場合はブルースクリーンではなく、操作不能になり、強制的に電源を切るしかなくなります。

ちなみに、この件、ちゃんと対応方法があります。

Macで使っている人は以下の手順
1,SSDをフルバックアップ

2,isoディスクイメージをダウンロードして、CD-Rに焼く
http://www.crucial.com/firmware/m4/070H/ISO_crucial-c400.070H.07.00.zip

3,近くのDOS/Vを借りてくる

4,MacからSSD抜いて、DOS/Vに装着

5,CD起動してファーム更新

6,MacにSSDをもどす

という手順でOK
メーカーのページにはMacでもブータブルCDで起動できる と書いてますが、最近のIntelMacはEFIなので、上手くいかない機種があります。

1時間に一回ぐらい固まるな と思ったら、SSDを疑ってみましょう

そうそう、5100時間を14ヶ月って使用時間を計算したら大変なことになった
一日12時間ってどんだけ働かせてるのさ、、

この記事を書いた人