カテゴリー
Software

Microsoft Office 2010を1/10ぐらいの金額で買う方法

オフィスの中国語版 home and student パッケージを買いましょう。

この方法、違法じゃないですが、商用利用禁止です。
学生や家庭内での個人的な使用の範囲でしか使えないライセンスになるので要注意です。

各ドキュメントのタイトルバーなどに「商用利用禁止」とテキストが入ります。
また、今後日本での使用許諾に変化がある可能性があるので、実行する場合は自己責任で

MSOfficeの事実上の現行バージョンである2010

日本では売っていないhome and student版を使って、正規ライセンスを取得する方法です

マイクロソフトは世界中で同じソフトを売っているのですが、国によって値段が大きく異なります。
中国国内の通販サイト、もしくは旅行に行った人に買ってきてもらうと300元。日本のAmazonなどで、並行輸入業者から購入すると4000円ぐらいで買えます
これで中国語版の正規ユーザーです

そして、以下の方法でインストールと認証をすることで、日本語環境でhome and studentが使えます。

1,
日本のマイクロソフトからオフィス2010の体験版をダウンロードします。
エディションはなんでもOK というか、中身は一緒です
http://www.microsoft.com/ja-jp/office/2010/trial/default.aspx

2,
日本のマイクロソフトからMicrosoft Office2010 Home&Student 英語版のバックアップをダウンロードします。
http://office.microsoft.com/ja-jp/products/FX101828860.aspx

3,
1をインストールして、その後 2をインストールします。

4,
Windowsアップデートでソフトを最新版にしてから、適当にワードとかを起動

5,
ライセンス認証画面になるので、電話認証を選択して中国語版の正規ライセンスで認証

これでOK
やっていることは 英語版の体験版に日本語のリソースファイルを合体させて、中国語版の正規ライセンスで認証する という、文字で書くとなんだかよくわからない話ですが、ダウンロード時間を含めても1時間ぐらいでできるので、自宅用にOfficeが必要な人は検討してみるとよいかと思います。